闇金の取り立てについて

マンガやドラマの影響で、闇金と聞くと怖い格好をして暴力をふるうようなイメージを持つ方も多いでしょう。しかし最近の闇金は、見た目ではそうと分からない場合が多いのです。

キレイな事務所を構え、社員はみなこざっぱりしたスーツ姿、女子社員がお茶を出し、とても親切に相談に乗ってくれたりします。「ここは優良な中小業者なんだぁ」と安心させてしまうのです。

そして返済を続けている間は優しい顔を続けてくれます(法外な利息を払わされてはいますが)。しかし、ひとたび返済が遅れ始めると本来の顔を表してくるのです。

手の込んだ闇金になると、仲間の別業者を紹介したりして、搾りとるだけ搾り取られてしまうのです。見た目だけで信用してはいけないのです。

昔から、借金取りといえば「怖い人たちが押し寄せてくる」というイメージがありますよね。
「今は何とか返済を続けているけれど、もし返済できなかったらどうなってしまうのだろう・・・」そんな不安を抱えている人も多いでしょう。

しかし、あなたがお金を借りているところが、法律に則って営業しているのであれば、そんな心配は必要ありません!お金を督促する(言葉は悪いですが取り立てる)のにもルールがあるのです。

これは貸金業法で定められた法律なのです。当然、守らなければ罰則があります。わざわざ法を犯してまで乱暴な取り立てをする登録業者はありません。

【貸金業法で禁止されている行為】
具体的に禁止されている行為を挙げてみます。いわゆるドラマや漫画などで目にしたことのあるような行為は、全て法律で禁止されているのです。

・正当な理由なく21時~8時の間に取り立てする。
深夜にドアをドンドンされるということはありません。

・大人数で押しかける
怖い人がゾロゾロと押しかけてきたらそれだけで違法なのです。

・貼り紙をする
玄関先や車などに「金返せ!」などと貼られることはありません。借金していることを本人以外に知らせる行為自体が禁止とされています。

・勤務先への訪問
職場へ赴いて取り立てすることはできません。職場だけでなく、居宅以外の場所への訪問、電話、FAX、電報も禁じられています。

・暴力的な態度、罵声や暴言
もちろん暴力自体も違法ですよね。態度や言葉で脅すこともないのです。

・「他の業者から借りて返せ」と要求すること
真っ先に言われそうなイメージがありますが、違法なのです。

家族や第三者への取り立て

家族はもちろん、親戚や友人など、保証人でない人への取り立てはできません。また、これらの人が拒否しているのに、取り立てに協力するように要求することもできません。

・上記のような行為を予告
実際に行動しなくても上記のような行為を「するぞ」と予告しただけで違法となります。では、そもそも法律を守る気のない闇金などの悪質な業者の場合にはどうでしょう?

この場合には、貸金業法で定められたルールなど無視する可能性が高くなります。返済日に1日遅れたとたん、ドラマや漫画で目にしたような怖い取り立てが来るかもしれません・・・。

私達でご紹介させて頂く金融業者は「正規の消費者金融業者」をご紹介させて頂いております。柔軟な審査をはじめとして、様々な事情(他社お断り、債務整理中、自己破産)などを考慮して審査を行う金融業者ばかりです。

ぜひ一度お申込みしてはいかがでしょうか?

審査甘い.jp←こちらからどうぞ!


闇金業者の見分ける方法とポイント!

違法業者、悪徳業者、いわゆる「ヤミ金」といわれる業者を見分けるポイントを知っておきましょう。

国や都道府県に登録していない
まず消費者金融業者として貸金業を行うためには、国や都道府県から営業許可を受けて登録をしている必要があります。登録をしていない時点で立派な違法業者なのです。

登録の有無は登録番号で検索をかけて調べることができますので、自分の利用しようとしている業者の登録番号を確認しておきましょう。中にはデタラメな登録番号を堂々と広告などに載せている業者も非常に多いです。

違法な貸し付けを行う
登録しているからといって安心してはいられません。主に2つ確認のポイントがあります。

【利息制限法を守っているか?】
利息制限法では上限金利が定められています。
・元本10万円未満:上限金利年20%
・元本10万円以上100万円未満:上限金利年18%
・元本100万円以上:上限金利15%

これ以上の金利でお金を貸すことは違法となります。

よく耳にする「トイチ」というのは、10日で1割の金利、つまり年利にすると365%以上というとんでもない金利になります。最近では「トゴ(10日で5割)」「トサン(10日で3割)」などという恐ろしい金利も実在します。

【貸金業法を守っているか?】
貸金業法では、総量規制により個人の年収の3分の1以上の貸し付けを禁止しています。これを無視してお金を貸す業者も違法ということになります。

困っているこちらとしては「貸してくれてありがたい」などと思ってしまいがちですが、完全に多重債務者地獄への道に加速を付けることとなってしまいます。

その場しのぎの甘い借金を重ねず、地道に返済するか、または「おまとめローン」などを利用するか、返済が難しければ債務整理を検討するかを考えた方が賢明ですよ。

固定電話がない
貸金業を行うためには固定電話があることが絶対条件です。さらに広告には必ず固定電話番号を記載することとなっています。連絡先が携帯電話番号しかないような業者は違法業者なのです。最近では「090金融」などとも呼ばれています。こういった業者は事務所を持たない場合も多いです。

最初は「少額を短期間」からが基本
いきなり数十万を貸すことは少なく、初めは1~2万円を一週間~10日程度といったように、少額を短期間貸すところが多いです。業者側も返ってこないリスクを減らすためです。

私達でご紹介させて頂く金融業者は「正規の消費者金融業者」をご紹介させて頂いております。柔軟な審査をはじめとして、様々な事情(他社お断り、債務整理中、自己破産)などを考慮して審査を行う金融業者ばかりです。

ぜひ一度お申込みしてはいかがでしょうか?

審査甘い.jp←こちらからどうぞ!


闇金・ソフト闇金の金利について!

闇金の金利で5万円借りた時の返済額を計算してみました

闇金は一般的な消費者金融などとは異なり貸金業法で定められた金利範囲内での貸付は基本的にやっていません。
今回は実際によく使われるトサン金利(10日3割の利子)を使って計算をしてみましょう。

50,000円を30日間借りた時の利息

合計返済額 ⇒ 元金50,000円 利息59,850円 合計109,850円

たった一ヶ月程度で元金分の利息が発生した事になりますね。
これが一般的な消費者金融の年利18%で計算してみると…

50,000円×18%÷365日×30日 = 739円の利息

闇金のトサン金利は一般的な消費者金融の148倍以上の金利を取っている事になります。
年利で計算すると1,095%もの利率になってしまいます。
これは貸金業法で定められてる20%という利率を大幅に超えた明らかに悪質な違法行為です。

私達でご紹介させて頂く金融業者は「正規の消費者金融業者」をご紹介させて頂いております。柔軟な審査をはじめとして、様々な事情(他社お断り、債務整理中、自己破産)などを考慮して審査を行う金融業者ばかりです。

ぜひ一度お申込みしてはいかがでしょうか?

審査甘い.jp←こちらからどうぞ!闇金の金利で5万円借りた時の返済額を計算してみました

闇金は一般的な消費者金融などとは異なり貸金業法で定められた金利範囲内での貸付は基本的にやっていません。
今回は実際によく使われるトサン金利(10日3割の利子)を使って計算をしてみましょう。

50,000円を30日間借りた時の利息

合計返済額 ⇒ 元金50,000円 利息59,850円 合計109,850円

たった一ヶ月程度で元金分の利息が発生した事になりますね。
これが一般的な消費者金融の年利18%で計算してみると…

50,000円×18%÷365日×30日 = 739円の利息

闇金のトサン金利は一般的な消費者金融の148倍以上の金利を取っている事になります。
年利で計算すると1,095%もの利率になってしまいます。
これは貸金業法で定められてる20%という利率を大幅に超えた明らかに悪質な違法行為です。

私達でご紹介させて頂く金融業者は「正規の消費者金融業者」をご紹介させて頂いております。柔軟な審査をはじめとして、様々な事情(他社お断り、債務整理中、自己破産)などを考慮して審査を行う金融業者ばかりです。

ぜひ一度お申込みしてはいかがでしょうか?

審査甘い.jp←こちらからどうぞ!